2018年10月12日 (金)

浮気旦那に言いたいこと

いつも皆さんのお話しを聞いていて、浮気旦那たちに思うことはですね…

浮気を隠して全面否定したり、

自分の浮気が原因のくせに「お前のあれが嫌だ、これが嫌だ」と妻を攻撃して、離婚理由を妻のせいにしたり、

慰謝料なんか払わないというのは勝手だけど、自分の浮気が原因のくせに、自分の子どものための養育費にも「養育費なんか払わない!」と暴言吐いたりするのはなんなんですかね!

せめて「すまない、他に女ができた離婚してくれ。慰謝料も養育費も相場以上に払わせてもらう。子どもの進学費用も出す。だから、離婚してくれ。」と土下座をしても良くないですか?

そして、調停で1回で調停調書を作成して、お金関係をきちっとしても良くないですか?

どうして、どいつもこいつも、謝罪もなく、金なんか払わないと逆ギレして、妻と子どもを苦しめるんですかね??

一生一緒にいると決めて結婚したんでしょ?
自分が浮気して崩壊させてしまうなら、その責任は負わないといけないですよね。

子どもがいるんですよ。
その子どもが進学するのを見届けるまでは親の責任じゃないですか?

大人として、親として、夫として、責任は最後まで全うすべきです。

そして、バツイチ男性だと、前の離婚も自分の浮気が原因のくせに、そこをごまかして再婚して、また浮気をするということを繰り返すのはなんなんですかね!!

世の浮気男性たちに言いたい。

お前、男なら責任を取って、筋を通せ!

嘘をつくな、妻子をいじめるな、お金を払え!

です。

以上。

妻浮気の場合は逆にしてお読みくださいm(_ _"m)

2018年10月11日 (木)

ブログ更新14年目

皆さん、こんにちは。

このブログを開設してから、なんと14年となりました(探偵業は15年となります)。
始めた当時は14年も同じブログを続けられるとは思っていなかったんですよね。

14年経てば、また違うネットサービスが生まれ、そちらに移行するかも…と思っていましたが、ブログというサービスはなくならなかったし、今でも古いサービスということでもありません。
探偵事務所がInstagramをやっても意味がないですし、TwitterやFacebookも発信方向が違います(もちろん、ボクらはそういった全てのSNSアカウントを持ち、利用方法などはちゃんと把握しています)。
ブログは一方的な意見表明になりますが、ブログというスタイルは便利なものです。皆さんも過去の記事も見れますし。

この「ブログ」以上に、まず「探偵事務所」というサービスを15年以上続けて来られてよかったな、と両方が感慨深いです。

探偵社というのは全国で毎年300~500社の新規登録や登録替えがあるのですが、3年後も営業しているのは3割未満と言われます。
もちろん10年後もそのまま営業を続けているのは1割未満です。

ほとんどの業者が数年で廃業となります。

でも、開業当初から、自分が廃業をするとは全く思っていなかったです。

ほとんどの探偵社が高額料金ボッタクリか、素人業者かサギ業者であるという実態を知ってから開業しましたので、普通にマジメに低価格の探偵事務所を作ったらお客さんは絶対に集められる!と自信がありました。
高校生の頃からカメラを扱い、大学を卒業後にはテレビ局で仕事をし、毎日カメラを使っていたので、撮影に関する技能や知識はどこの探偵にも負けないだろうと思っていたことも背景にあります。

それよりも何よりも、自分が配偶者の浮気や離婚後までもモラハラに悩み、苦しんだことが一番大きな開業動機です…。
男性でもそういったことが降りかかるのです…。

皆さんが自分のように失敗しないように、何とかその方法や考え方をお伝えしていきたいと、純粋に思ってこの仕事をすることにしたというのが開業動機です。

例えば、車を運転したこともないディーラー営業さんに車を売られたくないじゃないですか(笑)。
それから、スポーツをしたことがない人に、テレビでスポーツ観戦しただけなのに監督・コーチされたくないじゃないですか(笑)。

経験がない人に何がわかるんだ、と当時も今も、経験した自分は思ってるわけです。
そのためにどれだけ心が押しつぶされたか、経験しているのと、していないのとでは全く違うと思っています。

浮気・DVやモラハラを受けている女性や、妻の浮気に悩む男性のために、とにかく仕事という枠を超えて、お手伝いしたいという気持ちなだけなんですよね。

当初は女性で悩んでいる方が多いだろうからと、女性向けに開業したという感じでしたが、徐々に男性客が増え、昨年はついに依頼が男女同数となりましたが、今年は女性が8割を占めています。
また女性の支持が厚くなっている状況ですね。

その理由は前回の記事に書いていますが。

皆さんからのご支持をいただきまして、本当にありがたいことです…。

悪徳探偵業者の被害の相談は毎月入ってきますが、明確な料金表がないというだけで危ない業者とわかりますし、ウェブサイト上に浮気にまつわることや法律についてなど詳しい解説がない業者は素人業者とわかりますからね。そこ注意してください。
ネットで他社さんのウェブサイトを見れば、ボクらはその業者がどのくらいに費用を請求してくるのか、どのくらいの技量があるか一目でわかります。費用が書いてないのに費用がわかります。不思議ですね(笑)。

その昔、報道の仕事もしていたので、こういう多くの悪い業者の存在自体が許せないんですよね。

あ、そうそう、報道と言えば、浮気旦那の浮気現場とか見ると、ビデオカメラと照明当てて乗り込みたい気持ちにいつもなっています!
ラブホテルとか女のアパートとか車とか!

カメラ構えて、ライトを明るく照らして、インタビューマイクを突き出して、「不倫ですよね?これからどうするおつもりですか?奥さんや子どものことはどう思ってるんですか?動画サイトにアップしてもいいですか?」とワイドショーばりに聞きたくて聞きたくてしゃーない(笑)。

できれば面白いんですけどね~。

相手の女にも聞きたい。
「あなたとのセックスにだけハマって、妻子をないがしろにしようとしている男性のことをどう思いますか?奥さんに養育費も婚姻費用も払わないと非人間的なことを言ってる悪質な犯罪者のような男性が素敵な人ですか?次はあなたがそういう目に合うとは考えないんですか?向こうの奥さんに慰謝料は払うんですよね?ね?ね?どうなんですか?」と…。

で、動画サイトにアップしたい(笑)。

ワタクシ、昔ワイドショーの制作もやっていたので、本当にムズムズします。
カメラは時として暴力ですからね。かなり痛い目を見ると思うんですが、さすがにそこまではできませんけど…。

カメラ、ライト、マイクは怖いでしょうね。
不倫カップルに一度くらいやってみたいなぁ…
悪徳業者にも特攻して、動画サイトにアップしたいなぁ…

あ、本音が漏れてしまった…(・_・;)

そんな気持ちでいますということです。
浮気されて苦しんでる人はけっこう「やっちゃってください」と思われるのではないかと思います。

皆さんのために頑張りたいと思っているいちご探偵事務所を今後ともよろしくお願いいたします!

«今年の依頼傾向について

フォト

探偵オススメの本(悩めるあなたに役に立つ本がここにあります)