2017年10月18日 (水)

悪質な探偵紹介サイト

ブログ読者の皆様、またまた間隔が空いてしまい、申し訳ございません。

しかも、先日、このブログは更新13年目を迎えました!
わ~、すごいかも。業界最長ブログの一つですよ。

今後はまた少しずつ更新していきたいと思います(…と書いて、ここ数年、あまり更新してないんですが、頑張ります)。

現在、当事務所は繁忙期(4月~11月)なのですが 、「ブログ更新しているひまがあるなら、もっと相談予約を取ってくれ」という声があったら大変だなということで、相談や調査、報告書作成に時間を割いているので、どうしても更新できなくて(;´・ω・)

さて、今日はネット検索のお話し。

たまに自分でも「いちご探偵事務所」などのキーワードで検索してみることがあります。

検索結果には当然のことながら、自社サイトがトップに出てくるのですが、その他の多くは『どこかの誰か』が『勝手にまとめた』探偵社情報サイト(クチコミサイト)がズラ~っと出てきます。
ご存知の方も多いかと思いますが。

その探偵社情報サイトの岩手県の欄に、うちが『勝手に紹介』されています。
それが検索で出てくるわけですね。

実は、そのサイトのほとんどが、広告サイトへの誘導か、関東の探偵社が自社への依頼に誘導するサイトなんです。

自社が優秀というクチコミを勝手に作り、紹介サイトと言いつつ、自社に依頼させるように仕向けたりしています。

その中でうちを優秀な業者だと紹介しているサイトもいくつかあって、うちがどういう業者かを知っている業者さんによる仕事と思われます(クチコミサイトの中には本当にうちの依頼者さんが褒めてくださっているサイトもあります。ありがたいです)。

しかし、最近、こんなことが書かれているサイトを見つけました

00012_4

ほ~。

原一探偵事務所と、うちを利用したという人がクチコミを書いているというサイトです。

うちのクチコミを見てみましょう。

ほー、ほー。

うちの調査で「納得するような結論には至らなかった」と?

「友人の紹介で」?

ほー、ほー、ほいでほいで?

「結果には不満です」と?

ほ~~、なるほど。

さて…

ええっと…



もちろん、これは虚偽の情報です(*`ε´*)ノ

まず、岩手県には「奥羽市(おううし)」という町は存在していません。

あるのは「奥州市(おうしゅうし)」ですよね(笑)。

この虚偽サイトを作ったヤツの頭のレベルが知れますね。



そして、依頼内容をよく読んでください。

浮気調査を依頼しているのに、配偶者の金銭的なところも相談したと書いてます。

借金問題でしょうか?旦那の借金なんて知らんがな、って話ですよ。
まぁ、たまに旦那にどれくらい借金があるか知りたいという方の相談もありますが、その調査にお金をかけるなら、浮気の証拠だけを取って、相手の女にがっつり慰謝料請求したらいいだけじゃないですか?

何万円もお金をかけて、旦那の借金が「50万円あります」って知るメリットありますか?
借金が「たぶん、これくらいあるのでは?」って思っているだけで充分かと思います。



で、浮気相手の交友関係を調べてもらった?

はぁ?

なんで、浮気相手の交友関係を調べるのでしょうか?
その調査に何十万円、何百万円とかける人なんていませんよ!

浮気調査は、旦那の怪しい日に調査をするから、数日の調査日数で充分ですよね。

でも、浮気相手の交友関係は、ものすごく大変な調査ですよ。
浮気相手を何日も何日も追って、どんな友人・知人がいるか調べるってことですよね。

皆さんも自分に置き換えてみてください。

ご自分の友達など、交友関係を調べられることを考えてみたら、皆さんはどのくらいの頻度でお友達と会います??
1か月間で考えても、どのくらいのお友達と会います?どのくらい飲みに行きます?
そんなに特別な交友関係って出てきますか?

そして、それを調べて、なんの役に立ちます?

浮気調査は、旦那とその浮気相手の調査ですよね???

皆さんは浮気相手の交友関係の調査に何十万と払いますか?

…そんな人いませんよね(笑)。

そして、「仕事帰りの夫の素行を調べてもらった」?

いや、なんか回りくどいですね。

浮気調査をしてもらった…って言えば済む話では?旦那の日頃の素行って必要あります?

つまり、借金もあるから、仕事帰りにパチンコとかに寄っていて、お金を使っていることも素行調査調べてもらいたかったんでしょうか??

いや、旦那がパチンコ屋に寄ってきているなら、それくらい、調べなくても奥さんもわかりますよね(笑)。
パチンコ屋に行けば、ものすごくタバコ臭いわけですし。

夫の日々の素行と、浮気の事実、浮気相手の交友関係を何十万もかけて調べる人なんて…

いませんよ

バカじゃないですか?

それで、結局、うちに依頼して、どれがわかって、どれがわからなかったんでしょうね?
日本語もあやふやだなぁ。

ま、うちではそんな依頼者さん、そもそもいませんけどね!

うちの依頼者さんをでっち上げてますね。失礼な!

調べるとしたら、浮気の事実、浮気相手の家、浮気相手の実家とかくらいじゃないですかね?

うちでは浮気相手の交友関係なんて、絶対に調べません!!
利害関係者を超える他人の調査ですので、違法な個人情報調査に当たります。

そんな調査はお金の無駄でもあるので調べるはずがないじゃないですか。

こんな書き方をするってことは、自分では探偵に依頼をしたことがない人ですね。
依頼をしていたら、こんなおかしな書き方になりませんから。

…と、こんな無理筋の話をサイトに書いて、うちは失敗してダメな業者だから、クチコミで良い評価の多い自社に誘導して依頼させようとしている業者があるわけです。

インターネットなんて、ウソだらけですからね!気を付けないと!

で、そのサイトの運営者はと言いますと…

0002_4

こういう人だそうです。

この手の個人表記が出てくるパターンは、まず間違いなくアフィリエイトサイトで、クリック数や契約への誘導でキックバックをもらっているクソみたいなサイトです。

「くすないち」ってなんでしょうね?

この「広島県福山市」の住所は、ストリートビューで見てみると、こんなおうちが建っています。

0003_2

最新の住宅地図で見ると、「宮本」と表記されています。

さてさて、これは本当にこのサイトを作った人の住所でしょうか?
電話番号を調べたら、電話帳への過去の掲載はなかったです。
何年か前に引っ越してきたんでしょうか?

そして、携帯番号が掲載されているので調べたら、ドコモ中国地方の契約番号です。
「くすないち」が広島の人というのは一致していますね。

次にメールアドレスを検索してみました。

おや?

「超簡単!まぐまぐの代理発行申請に合格する方法」とか、「【投資】 FX初心者でも、今日から勝ち組トレーダーになる超簡単FX」などの、アフィリエイト系サイトが出てきますね。

やっぱり。

この探偵紹介サイトから悪徳探偵社に誘導されると、その会社からキックバックをもらうという流れです。

上記の原一探偵事務所のクチコミにはリンクが張ってあり、うちにはありません。

なるほど~ ┐(´д`)┌

こういう虚偽情報サイトを作ってお金をもらっているヤツがいるわけですね。
宮本君っていう人なんでしょうか??

広島に行く機会があったら、このおうちに遊びに行ってみたいと思います(笑)。

ということで、ネットを信用してはいけません。

自分が相談をしてみて、費用と調査方法、その後の対処方法などを聞いて、納得できたら依頼しましょうね。

2017年7月30日 (日)

今井議員、神戸市議と不倫か?

最近、世間をにぎわせているのは、元タレントの今井絵理子参院議員と橋本健神戸市議との「一線を越えていない」不倫疑惑ですが、本日、橋本議員の奥様がコメントを発表!

内容はやはり…とも言うべき、不倫の典型的パターンであったということでした。
以下、デイリースポーツの記事から。


『橋本健市議の妻側反論 婚姻関係破たんしていない…今井絵理子氏との関係釈明に異議
7/30(日) 22:43配信 デイリースポーツ』
 「週刊新潮」で参院議員の今井絵理子氏(33)との不倫疑惑を報じられた神戸市議の橋本健氏(37)の妻側が弁護士を通じ、30日に放送されたフジテレビ系「Mr.サンデー」にコメントを寄せ、橋本市議の主張に異議を唱えた。
 橋本市議は27日の会見で「ここ4、5年、事実上婚姻関係は破たんしている。1年前から離婚の申し出をした。別居も始めている」などと主張した。
 これに対し妻側は「4、5年前から破たんしている事実はない。妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは極めて不誠実な釈明」と反論した。
 また、橋本市議が「婚姻関係が破たんしている中、恋愛は認められるものと認識していた」と主張したことに対して妻側は「今の状態は自由恋愛を認められるとの認識を語っていたがそんなことは全く無く、不誠実な釈明」と重ねて反論した。
 妻側の不満は「去年8月、一方的に離婚してほしいと言ってきた後、9月からは妻と2人の子供を残して自宅に戻らなくなった。生活費も大幅に減額された」と主張した。
 橋本市議は昨年4月に今井議員と勉強会を通じて出会った。同年7月には参議院選挙に出馬した今井議員を応援。当選の際には家族のように側にいて万歳の手をあげていた。


これは…


アウトですね。今井議員、アウトです。

というか、橋本市議がクソですね。
今井議員と親しくなってから奥さんに一方的に離婚宣言。勝手に別居。生活費もしっかり払っていないという…。

最低ですね。

この状況を聞いただけで、不倫が明白です。
不倫している旦那はほとんどこうですから。
(ただ、橋本市議の本職は歯科医なので、一般人に比べるとそもそも生活費は多いものと推察します)。


うちの依頼者さんたちも、このような状況に陥っている(おちいっている)方が非常に多いです。

浮気旦那は自分が浮気して相手の女に入れ込んでいるので、奥さんに離婚話を切り出すのですが、その日をもって「婚姻破綻していた!」と主張し出し、調停でも平気でそんなアホなことを言ったりします。

どこのネットでクソ情報を見たのかわかりませんが、浮気している有責配偶者が勝手に離婚を切り出しても、それは婚姻破綻ではありません。
夫婦が双方「私たちはもうやっていけません。離婚しましょう。養育費はこれくらい、解決金はこのくらい、婚姻費用はこのくらい、私と子どもたちは今週中に出て行きます。さっさと払うものを払ってください。」などと正式協議を始めて、ようやく婚姻破綻と言えると思います。
もしくは奥さんが自ら離婚調停を申し立てた場合とかですね。

でも、夫の離婚攻撃の中で、奥さんが「じゃあ、あんたは養育費と慰謝料いくら払えんのよ!」と言ってしまうことはありますが、これは「売り言葉に買い言葉」のケンカみたいなものですので、離婚協議が始まったことにはなりません。
だからと言ってケンカをいくらしてもいいわけではありませんので、ケンカはせずにしばらくグッと我慢しましょう。

そして、浮気相手の女に弁護士から慰謝料請求をすると、こちらも「婚姻破綻していたと聞いたので付き合いました」と今井議員と同じことを言うヤツもいます。
婚姻破綻していたと聞いていたなら、なぜ堂々と交際していなかったのでしょうね?
なぜ、夜は電話も一切して来ずにコソコソとラインだけしていたんでしょう?

それはもちろん、不倫の自覚があったからですよね。

一方的な婚姻破綻話なんて、どだい無理がある話なんですよ。
嘘で塗り固めても、嘘なんだから、いつかは明らかになります。

こういうとき、いつも思うんですが、

不倫してバレたら、土下座して謝罪したらいいんじゃないですかね?

その恋が本物と思うなら(実際は恋でも愛でもなく性欲なんですけど)、離婚したいのなら、

「養育費も相場以上に払う。将来の子どもの進学費用も出す。慰謝料も払う。別な人を好きになったから離婚してください」と土下座して、本当にお金を払えばいいんじゃないですかね?

それを
「俺は浮気なんかしてない!お前が嫌なだけだ。早く出て行け。生活費も渡さない。会社も辞めるから養育費なんか払わない。子どもなんか知らねー。」
…というクソ旦那がとっても多いのは本当に情けないし、死ねばいいと思っています(…奥様方、ごめんなさい(;^_^A)。

こういうときには証拠です。
弁護士です。

浮気相手にがっつり鉄槌を食らわせなければならないでしょう。

でも、こんな状況から戻って来て、修復される夫婦もけっこういます。
うちの事務所は徹底的に修復をすすめるちょっと変わった調査会社ですので。
そこはまたいつかの話。

ところで、橋本市議の奥様、証拠は取ってないんでしょうか?
最初から浮気はわかっていたと思いますが、資産から見て、ある程度取れると判断して、証拠まではそろえていなかったんでしょうか?

奥様側から「飛び道具」が出てきたら、橋本市議、終わってしまいますね。
ヽ(´▽`)/


今井議員、震災後の沿岸地区でワタクシ直接4回もお会いしておりまして、被災地に心を寄せていただいていて感謝していただけに本当に残念なことです…。

«最近の状況について

フォト

探偵オススメの本(悩めるあなたに役に立つ本がここにあります)